English(PDF)  個人情報保護方針
お問い合わせ

英語に強いシステム会社

採用情報

英語ができるITエンジニア業務系システムエンジニア会社概要採用情報お問い合わせ

求める人物像

Home求める人物像

広い視野を持ち、仕事に対して積極的に取り組める

仕事に対して積極的に取り組める与えられた仕事だけを日々こなすだけでは、仕事に対する意欲や喜び、達成感などは生まれてきません。
今、自分のやっている仕事がプロジェクトの中でどのような役割を担っているのか、顧客のビジネスの中でどのような位置づけにあるのかを知ることで、今なにをすべきかがおのずと見えてきます。

また、自分の周りだけではなく全体を見渡すことによって次に何をしなくてはならないのか、何を準備しておけば良いのか、どういったリスクやトラブルが想定されるのかなどが考えられるようになり、想定される事象に対して先に先に対処していく力が求められています。
当社では、広い視野を持ち、仕事に積極的に参加していこうという強い気持ちを持ったエンジニアを求めています。

仕事に対して柔軟に取り組める

仕事に対して柔軟に取り組める我々の仕事は、一つの現場で、永遠に続けられるものではありません。
現場が変われば、環境も変わりますし、お客様企業の文化や仕事の進め方も変わります。技術者に対する見方も現場によって様々です。
ITエンジニアの仕事はサービス業である以上、お客様の仕事のやり方や文化などに合わせて仕事をしなくてはならないのです。
それ以外にも、技術力の進歩や法律の改正、プロジェクトマネージメント手法の変化など、様々な要因に対応していかなくてはなりません。
いつまでも、前のやりかたや、自分の技術力を過信していては、あっというまに取り残されていってしまい、お客様から不要な人材と言われてしまいます。
まずは、お客様の求めている事を的確につかみ、仕事の進め方や、お客様の業務についても理解を深め、柔軟に対応していく事の出来る技術者を求めるとともに、そういった技術者になってほしいと願っています。

自分を客観的に捉えることの出来る

自分を客観的に捉えることの出来る自分の技術力や知識などを客観的に捉えられる人を求めています。
特に我々のような仕事では、自分に何ができて、どのくらいの時間がかかるのかを客観的に把握することが、スケジュールやプロジェクト全体を考える上で必要不可欠です。
また、自分のスキルを客観的に掴んでおくことで、自分に足りないところや、将来に向けて必要となるスキルがおのずと見えてくるのではないでしょうか。
自分を客観的に捉え、自分自身が、プロジェクト全体、IT業界全体、はては社会全体の中でどのような役割を果たしているのか?
今一度、考えてみてください。
自分を客観的に捉える事の出来る技術者を求めています。

 

 

イメージ

採用情報はこちら

HOME

英語ができるITエンジニア

業務系システムエンジニア

ヒューマンスキルの強化と育成

会社情報

採用情報

インフォメーション

right-otoi-tel

WEBからのお問い合わせ

チャレンジ25

エム・ワイ・ケーは、身近な事からやってみよう。
をモットーに【チャレンジ25キャンペーン】に参加しています。

プライバシー第21000731(02)号

↑ページトップへ